ブログ

子育てで心配な、ベットからの落下、鳴き声、ドタバタ足音、などトラブルにも対応できるのが畳

 

畳の上で子育てはどんなメリットがあるのでしょうか?

畳で赤ちゃんを寝かすと寝返りをした時にベットの様に落下する心配がないので、ママは安心して寝ることが出来ます。

つかまり立ちをするときは赤ちゃんはまだ不安定なので転んだしますが畳はクッション性があるので安心できます。

 

産後すぐ~2か月

添い寝やおむつ替え

ポイント1

産後のママは骨盤が不安定になっているため、ベットからの乗り降りで骨盤がゆがむことがありますが、たたみなら自然な動作で寝起きできるので、骨盤調整に最適です。

ポイント2

畳は添い寝や添い乳、抱っこの準備や赤ちゃんの着替え、おむつ替えなどがしやすいのが特徴です。また、リラックス効果があるイ草の香りでパパもままも快適に生活することが出来ます。

ポイント3

大人の何倍も汗を書くと言われている赤ちゃん。畳表(ござ)に使われているイ草の中心にあるスポンジ部分には、湿度調節機能があるため布団などの湿気にも安心です。

ポイント4

お部屋の空気をキレイにしてくれる畳は天然の空気清浄機。汗の臭いやおしっこの臭いなどもスッキリ。また防カビ・防ダニ加工をすることでダニやカビの原因のアレルギー対策にも効果的です。

 

3ヶ月~10ヶ月

寝返り&ハイハイ

ポイント5

寝返りや、腹ばいなどを始めたときに、ベットとは異なり落下の心配がありません。その為パパやママの不安が少なくなりストレスも軽減されます。

ポイント6

畳はフローリングと違い滑りにくいので、ハイハイがしやすいのが特長です。灰あ日をすることで全身の筋肉が鍛えられ足腰が丈夫になり足だけで歩くことが身に付きます。

ポイント7

特に目が離せないこの時期、畳のお部屋はお子様を見守地ながらお洗濯をたたむなど家事に便利です。又、ひと休みしたい時などのスペースや来客時には客間として使用することが出来ます。

ポイント8

離乳食が始まるこの時期、撥水機能がある国産天然畳表のウォータージュエリー加工表は食べ物やジュースなどの液体をこぼしても水分をはじいてくれるため安心です。

 

11ヶ月~1歳前後

つかまり立ち よちよち歩き 

ポイント9

フローリングのように滑ることが少なく、畳の凸凹が立ち上がる時の踏ん張る力を支えてくれます。つかまり立ちの機会が増えることで自分の体重を支える筋肉や骨が発達し、姿勢がよくなり運動機能も発達します。

ポイント10

洋室に比べて和室刃物を置くことが少ないために、安全に立ったり歩いたりできるスペースを確保できます。床に座ったり寝転んだりしながら遊ぶことが多い小さなお子様にぴったりです。

ポイント11

つかまり立ちやよちよち歩きの時期は、全体の重心に対して頭が重く急にふらついたり転んだりしやすくなります。畳はクッション性があるため衝撃を吸収し、フローリングで転んだ時よりケガが少なくて済みます。

 

2歳ごろ

歩き始め

子供が歩き始めるころになると、ドタバタ足音を立てながら、家の中で色々な遊びを始めるようになります。また、根期越えや話し声も大きくなります。畳は吸音効果や衝撃音が吸収される事がわかっていますので、畳を敷くことで、ご近所トラブルの回避にもなります。

ポイント12

遊び場を和室に限定することでおもちゃが散らかるのを防ぐことが出来ます。また、眠くなったらフローリングより柔らかい畳に泣かせられます。リビングと続き間の和室・畳コーナーではキッチンからも目が届きやすく安心です。

ポイント13

畳には細かな空気の層があります。その層が子供の泣き声などの大きな声や飛び跳ねたり走り回った時の物音を和らげてくれるのでマンションなどの集合住宅での音問題の対策になります。

ポイント14

和室の無いおうちでも、置き畳なら気軽に敷くことが出来ます。ホームセンターなどで売っている置き畳は外国産の畳表(ござ)を使っていることが多いですがさわはた畳屋では、安心・安全な国産畳表の置き畳をお届けしています。

ポイント15

スタイリッシュなおへやもカラーバリエーションが豊富な工業畳表からイメージに合った畳を作ることが出来ます。工業畳表は色あせにくいのが特長です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP